コマンドオーダーバトル

3騎のサーヴァントを率いて戦うコマンドオーダーバトル

『Fate/Grand Order』では、サーヴァントに命ずるコマンドをカードで表現した、ターン制コマンドバトルが繰り広げられます。

バトルは、タクティカルフェイズとコマンドフェイズから成り、マスターが選択した結果に応じて、サーヴァントが攻撃を行います。その後、敵側のリアクションがあり、1ターンが終了となります。

タクティカルフェイズ

サーヴァントスキルの使用

タクティカルフェイズでは、サーヴァント毎に保有する固有スキルの使用が可能です。

各サーヴァントのスキルは、サーヴァントの成長や、マスターとの絆が深まることで、新たに開放されることがあります。


マスタースキルの使用

さらに、マスターもスキルを使用することでサーヴァントを援護できます。


令呪の使用

使用回数が制限されているものの、マスターの切り札として用意されているのが「令呪」です。

「令呪」には戦況を覆すほどの強力な効果があります。

コマンドフェイズ

コマンドフェイズでは、サーヴァントたちにどんな攻撃をさせるのかを、3種類の「コマンドカード」を選択することで指示します。ターンごとにデッキから5枚のカードがドローされるので、「クイック」「アーツ」「バスター」の中からサーヴァントにとらせる行動を選びます。キャラクターのイラストが描いてあるカードを選べば、該当するサーヴァントに指示を下すことができます。

5枚の手札の中から3枚のコマンドカードを選択し、攻撃を指示することになります。

カードの選び方によって、様々な効果が発動することがあります。

カードデッキについて

パーティーに加えたサーヴァントごとに固有のコマンドカードを5枚ずつ持っており、15枚のカードデッキが自動的に作成されます。サーヴァントの編成を工夫することで、プレイヤーごとに様々な戦術を練ることが可能です。


サーヴァントを揃える

ブレイブチェイン

コマンドカードのサーヴァントの絵柄を揃えることで、エクストラアタックが発生し、追加の一撃を加えることができます。


カードの色を揃える

コマンドカードには、サーヴァントの絵柄以外にも、クイック/アーツ/バスターの3種類が存在します。

クイックチェイン

3枚のカードをすべて「クイック」でそろえることで、「クイックチェイン」が発生。サーヴァントたちの次ターン攻撃のクリティカル率が高まるスターを手に入れることができます。

アーツチェイン

3枚のカードをすべて「アーツ」でそろえることで、「アーツチェイン」が発生。サーヴァントの「宝具」が使用可能になる「NP(ノーブルファンタズム)ゲージ」がたまりやすくなります。

バスターチェイン

3枚のカードをすべて「バスター」でそろえることで、「バスターチェイン」が発生。サーヴァントたちの攻撃力が大幅にアップし、通常攻撃をはるかに上回るダメージを与えることができます。

サーヴァントとカードの色を揃える

サーヴァントの絵と、色を揃えることで、両方のボーナスを一度に得ることが出来ます。このボーナスを積極的に狙っていくことで、戦況を有利に進めることが可能です。

同じサーヴァントの絵で、且つバスターで3枚を選択すると…

バスターチェインの効果である、【攻撃力大幅Up】と、ブレイブチェインの効果である【エクストラアタック】が同時に発動し、攻撃力が大幅にUpしたエクストラアタックが発動します。

サーヴァントが持つ切り札、宝具

全てのサーヴァントが、宝具と呼ばれる切り札を持っています。バトル中の行動によって蓄積される「NP(ノーブルファンタズム)ゲージ」が一定の値に達した際、宝具の力を開放し、必殺技として使用することができます。

宝具は、サーヴァントが英霊となる以前、生前に築きあげた伝説の象徴であり、人となりや生き方が反映されるため、その効果はサーヴァント毎に様々なものが用意されています。

コマンドフェイズにおいて、宝具使用のための「NP(ノーブルファンタズム)値」が上がりやすくなるアーツを多用することで、宝具使用までの時間を短縮できます。

更に、2人以上のサーヴァントにおいて、宝具発動のタイミングを重ねることで、より強力な効果を得ることもできます。

これまでの「Fate」シリーズに登場した英霊たちの宝具はもちろん、今作で初登場となるサーヴァントたちにもそれぞれ宝具が用意されています。

[MOVIE]メインシナリオとサーヴァントシナリオ

TOPへ戻る